「身体障害者」を名乗ったメールが来たら要注意

最近のサクラはただ普通にメールをするだけではありません。よくあるのが「身体障害者」を演じていることです。

 

「私は信号無視した車にはねられて、命は助かったものの歩けない身体になってしまいました。私は一生歩くことは出来なくなりました。ずっと車椅子生活です…」

 

このような話を何度もして、相手のことを同情させてメールの交換を長引かせる手口です。このような話を聞くと可哀想だと思ってしまい、何度もメールをしたくなると思いますが我慢です。

 

本当に呆れますよね。

 

身体障害者の方からもこのようなサクラがいるせいで、本当に身体に障害のある方がサクラと勘違いされて出会い系サイトを利用しにくくなっているような気もします。非常に腹が立ちます。

 

本当の身体障害者の方達は、同情されることを嫌っている人も多いので、このような暗い話を何度もすることはありません。
もし、あなたの元にもこのような身体障害者を名乗る人がいたとしたら、サクラだと疑って下さい。
身体障害者の方は自分から進んで公表などするはずがありません。

 

本物の身体障害者の方と、サクラが演じている身体障害者を正しく見分けられるようにしましょう。