逆援助とお金の言葉が出てきたらサクラか詐欺

男は少しでもやさしい言葉をかけられたり、笑顔で見つめられるとあのコはオレに気があるんだ!と思ってしまいます。

 

これは大きな勘違いなのですが実は、出会い系サイトにいるサクラは、男の心理を絶妙についてきます。まさに心をくすぐるというか、勘どころを押さえています。

 

出会い系サイトのサクラメールでよくあるのが、逆援助交際メールです。

 

以前は「今すぐ会いたいです。」「近くの駅で待っています。」などの誘い文句でしたが今は、この手口が、ポピュラーになったのか、男性側をかわし方がうまくなってきたようです。

 

この頃は今までとは少し異なったアプローチが出てきました。「逆援」です。

 

逆援助の略ですが、女性がスポンサーになるから、お付き合いしてください!といったものです。

 

「すぐに100万円を振り込みます。」「私と是非秘密の関係をもってください。お礼に○○万円差し上げます。」などなど、このような言葉にそそのかされてメールの深見にはまってしまうパターンです。

 

会社の女性経営者や医者等、高収入を装い引きずりこみます。このやり方は今までも、あったことにはありましたが、サイト全体に、「逆援」を大きく表現されているところが男性の目に引くのではないでしょうか。

 

関係を作れると同時に、お金のサポートもしてくれる!そんなオイシイ話はそうそうあるものではありません。やはり、スケベ心を見抜いてドンドンついてくるから怖いですね。

 

しかし、現実を見るならありえない話ですから、正気をもって無視するようにしましょう。