本物の裁判所からの通知きたら行かなくてはいけない

そもそも少額訴訟とは何かというと、請求額が30万円以下の場合に審理が1日の即日判決ができる訴訟システムのことです。

 

訴訟自体も、少ない金額ですることができます。これが出会い系サイトとどう繋がるのか、不思議に思った人はいませんか?

 

実は、少額訴訟は、架空請求の延長にあたります。

 

普通の架空請求は、とにかく無視していれば何の問題もありませんでした。でもそれが進化したのが少額訴訟で、これは無視をしていてはダメなんです。

 

とにかく2週間以内に異義申し立てを裁判所にして、支払い義務の発生を無くさなくてはいけないんです。

 

これをしないと、最終的にお金を払わなければいけなくなります。いくら30万円の少額といえども、決して少ない金額ではないので、気をつけなくてはいけません。

 

ただ、この少額訴訟も、確認しなくてはいけないことがいくつかあります。まずは、裁判所からの通知そのものが本物ではない場合があります。よく調べましょう。

 

もし本物の裁判所からの通知でなかった場合は、裁判所の電話番号も本物ではない場合が多いです。
なので、すぐに電話をしたりせず、慎重な行動をしましょう。

 

もし本物だったら、すぐに裁判所に電話をし、2週間以内に異義申し立ての書類を書いて裁判所に送ります。

 

あとは裁判所に手続きを確認したり、弁護士さんに相談します。どちらにせよ裁判には行かなくてはなりませんが、ちゃんと終わったら、警察に被害届を出すことが、これからの被害をなくすためにも必要ですね。