サクラ以外にも潜む出会い系詐欺

あなたは、架空請求詐欺って知っていますか?

 

多くは、インターネットなどのメールで送られてきます。シナリオはこうです。

 

ある日、突然身に覚えのない請求書が届きます。大体は、有料サイトの利用料金の請求です。そこには、払わなければいけない大金の額と、長々しくていかにもという感じの文面、さらに電話番号が書いてあることが多いです。

 

もちろん詐欺なので、そんな請求は実際にはないし、払う必要は全くありません。そもそも、もっともらしく書いてある文章もでたらめな場合があります。

 

例えば、存在しない法律の名前が上げられていたりなど。ただ、普段から怪しいサイトを覗いているような、心当たりがある人は、つい払ってしまうんです。詐欺をしている方も、それを狙っています。

 

そして、一番してはいけないのが、届いたメールに返信すること、記載されている電話に掛け直すことです。これをしてしまうと、相手はしめたと思い、さらにしつこく支払いの催促をしてきます。

 

とにかく無視、無視、無視と無視を貫くことが大切です。ただし、ここで唯一、一つだけ絶対に無視してはいけないものがあります。

 

それが、裁判所からの呼出状です。

 

これも偽物の場合が多いのですが、万が一本物だった場合は笑い事では済まされません。なので、放置はせず、ただちに国民生活センターか消費生活センターに相談するようにしてください。
もちろん、身近な弁護士さんに相談するのもオススメの方法です。

架空請求詐欺の特徴記事一覧

そもそも少額訴訟とは何かというと、請求額が30万円以下の場合に審理が1日の即日判決ができる訴訟システムのことです。訴訟自体も、少ない金額ですることができます。これが出会い系サイトとどう繋がるのか、不思議に思った人はいませんか?実は、少額訴訟は、架空請求の延長にあたります。普通の架空請求は、とにかく無視していれば何の問題もありませんでした。でもそれが進化したのが少額訴訟で、これは無視をしていてはダメ...

これは悪質出会い系サイトの手口や詐欺ではなく利用者が悪質だったというケースですが、出会い系サイトで知り合った相手が美人局だったという事例がごく稀にあります。美人局なんて都市伝説でしょうと思われがちですが、実際に私の知人に出会い系サイトで知り合った相手が美人局だったために家庭がめちゃめちゃになってしまったという方がいます。その男性は家庭を持っている男性で子供もいます。夫婦円満に暮らしていましたが、旦...

出会い系サイトの中には、良いという評判がある一方で、サクラが多いと言われているサイトも時々あります。「登録してみたいけど、サクラが多いと言うしどうしようかな…。でも此処で恋人同士になった人も多いみたいだし迷うなぁ…」利用者としては、何を信じていいのかわからないですよね。「この出会い系サイトはサクラが多い」と書いてあっても、実際にはサクラが少ない・もしくはいない場合もあるのです。それはどういうことか...